一人になるタイミングで「介護のストレス」を切り落とす方法

この記事は1分で読めます

一人になるタイミングで「介護のストレス」を切り落とす方法

イライラは脳の機能で言う長期記憶に対して悪影響を及ぼします。ストレスが多くなると長期記憶の機能が低下するので、ストレス発散をすることで、覚えておくべき事が覚えやすくなります。

逆にストレスを抱えた状態だと、覚える必要のある事を忘れ、その仕事に対してアクションが起こせず困った状態になります。場合によっては、上司に怒られ、更にストレスを抱え、更に長期記憶の機能も低下し、悪循環に陥り易くなります。

心当たりのある場合は、ストレスをまずは溜めない工夫をしましょう。おすすめとしては、自分一人になったタイミングで、深呼吸をしながら雑念を頭から追い出すことです。(忙しくてもトイレの時間くらいは一人の時間が取れるはずです)

イメージとしては、その一人になるタイミングまでにあったストレスを切り落とす感じです。それをする為に、深呼吸をし、何も考えず無の状態を意識します。目も閉じれる状態なら目も閉じて。

目安として1分以上その状態をキープすれば、しない場合と比べ頭の中がクリアになり、すべき事に集中できる状態になります。これは、隙間時間ができればマメにやるとより効果的です。

もちろん、ストレス度合いによってそれでは解決できない場合もあるので、それとプラスして、軽い運動や半身浴、趣味にはまるといったストレス発散方法を加えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ストレスとの向き合い方と解消法を列挙
  2. 不満や怒りの言葉が頭から離れない人へ
  3. 愚痴りたい時に介護仲間がいると
  4. 訪問介護で聞いた事もない料理を作って欲しいと言われた
  5. 介護職のストレスは大敵!
  6. 介護職ならではの「身体面でのきつさ」解消法!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。