≪介護職≫辞めたい!って思ったときどうすればいい?

この記事は1分で読めます

≪介護職≫辞めたい!って思ったときどうすればいい?

高齢化社会が加速度を増して進み少子化が問題となっている現代社会において、介護が必要になった高齢者を家族や地域社会のみで支えることはもはや困難ともいえます。介護保険法が施行されて16年が経ち、今後ますます介護業界の充実は望まれています。しかしながら、高齢化社会を支える介護業界の支柱ともいえる介護職の離職率は高い数値で経過している現状があります。

介護職は決して楽な仕事ではありません。肉体的にも勿論日常生活全般に支援が必要なため負担が大きい仕事です。人間相手の仕事であり、心を尽くして誠意をもって真摯に向き合う必要があります。精神的にも健康でなければ勤まりません。また、介護職員の給料水準は決して高いとは言えない現状があります。さまざまな悩みから、辞めたいと悩んでいる人は少なくないのです。

介護職員の離職率を下げる為には、辞めたいと考える悩みを解消する解決法が必要です。もともと介護職を目指して勤務している人は高齢者の支援に対して大きな志を持っている人が少なくありません。だからこそ、高齢者支援のあるべき姿がどのようなものであるかを考え迷う人もいるのです。決して身体が辛いから、給料が安いからという理由だけが辞めたい気持ちにはならない場合が多いのです。

志を持って働いている介護職員に一番必要なことは、自分のやっている仕事に誇りをもって、やりがいをもてることです。そのことを感じる為には一人では困難です。一緒に働いている仲間や上司、あるいは高齢者や家族などとの関係性の中で実感できるものです。悩みや不安を抱えている時は、まずその気持ちをぶつけることが大切です。疲弊しきってしまう前に声に出しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 訪問介護で聞いた事もない料理を作って欲しいと言われた
  2. イライラしてるなら睡眠不足が原因では?
  3. 一人になるタイミングで「介護のストレス」を切り落とす方法
  4. 介護職はじめたらどんな問題がある?出てくる悩みは?対策方法について
  5. 愚痴りたい時に介護仲間がいると
  6. 介護職のストレスは大敵!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。